Nobuto Osakabe Photographer

日々のこと

僕は、サラリーマンではない。
会社に行くことがないので決まった時間に出て、
決まった時間に帰ってくるということがない。
毎日がイレギュラーであって、毎日がスペシャル。なのかも。

平日に何も予定がないこともあり、
そんな時はたいがい本を読んだり、映画を見たりして過ごしている。
子どもの保育園の送り迎えもする。
無性に、料理を作りたくなる時がある。それも何品も。一気に。
ひじきの煮物、かぼちゃの煮物、きんぴら、ピーマンとナスの煮浸し、肉そぼろ、ミートソース、カレー、炊き込みご飯、味噌汁、漬け物とか常備できるものを、黙々と作る。
面倒くさがりだから、煮るとか焼くとか炒めるとか細かい手順があまりないものが多い。
男の人で料理する人によくある「こだわり」とか全然ない。
出来上がった料理を見ると、満足してお腹いっぱいになってしまう。
作りながら味見で食べているからかもしれないけど。

多分、料理に没頭して集中することによって、リフレッシュになっているのだと思う。
頭の中がスッキリするし、満たされる感覚になる。
仕事をするのは好きだし、楽しいことを仕事にしている。
それでも、そればかりしていると窮屈になる。
料理をしたり、本を読んだり、映画を見たり、子どもと過ごしたり、
どこかに出かけたり、ぼーっとしたり、そんな時間が必要だ。

働くだけのために生まれてきたのではないし、
日常の中にもっとたくさんの楽しみを見つけていけたら幸せだなぁと思う。

Essayトップ