Nobuto Osakabe Photographer

新年

2020年が始まった。
始まったと言ってもすでに半月は経っている。
僕は、スタートダッシュがあまり得意ではなく、年始はゆっくりスタートすることが多い。正月ボケで少しふわふわとした気持ちでいると、あっという間に1月が終わってしまう。でもそれはそれでいいかなと思っている。忙しくする時期がまた来ると思うので。

2020年はどんな年になるのだろう。
まず大きな出来事としては、オリンピック。ついに東京でオリンピックが開催される。僕の95歳のばぁちゃんはオリンピックを見るまでは頑張ると言って今でも健在。ばぁちゃんにとっては人生で2度目のオリンピック。マラソンが見たいと東京に決まってからずっと言っている。コースが札幌に変わってしまったのは少し残念だったと思うけど。

1964年のオリンピック開催から56年という年月で、人々の生活は大きく変わったと思う。中でも、時間の感覚、時間の使い方、時間の考え方が大きく違うと思う。新幹線や交通網の進歩によって移動にかかる時間と労力はだいぶ軽減された。日本の中なら大抵のところは東京から日帰りでいけるようになった。また我が家の毎日の子どもの保育園の送迎も、電動自転車があるから時間が短縮でき少しでも家でのんびりしていられる。家事や仕事をする上でも便利なツールが多くできて、作業時間が随分短縮された。調べたいことも、連絡を取り合うこともスマホやPC であっという間にできてしまう。
でも僕は、早ければなんでもいいと思っているわけではない。無駄な時間や遠回りすることで発見できることもたくさんある。だから一概に便利になることで豊かになるかというとそればかりではないと思う。ツールの選択肢が増えるということはとてもいいことだけど、何を選択するかを判断できることが大事だと思う。

個人的には2020年は、出会いを大切にしたい。
人との出会いはもちろんのこと、好きなものを今まで以上に探して、長く付き合っていけるものを見つけたい。
35歳になって感じるのは、新しいことには自分からアプローチしないとなかなか出会えないなぁということ。探究心や好奇心を子どものようにもって、新しい発見ができたらいいかなと思っている。