Nobuto Osakabe Photographer

Essay

vol.19 頭のなかの地図

方向音痴じゃない人のことをなんて呼ぶんだろう。 方向音痴の対義語を調べてみても、そもそも音痴という言葉の対義語がない。だから方向音痴の反対は、方向感覚に優れている人くらいしか言いようがない。勝手に言葉を作ってしまうとしたら『位置情報正確人』って感じな…

vol.18 成長

2ヶ月以上さぼってしまったエッセイ。 久しぶりに書く。 順調に書くことを楽しんでいたんだけど、世界の情勢に負けたと言ったらかっこいいけど、正直な話、書き続けられるモチベーションが続かなかった。文章を書くのって頭を整理しながらの作業に僕はなるんだけど…

vol.17 『気づかせ屋』

監督業とは『気づかせ屋』である。 先日なくなった野村監督が言っていた言葉。 野村監督とはお会いしたことはないけど、監督という職のイメージだけで考えたら、とても意外だと思った。優れた監督って名将とか闘将とか言われていて、自らの戦術や采配、閃き、時には…

vol.16 ベジ

インドに行って、はじめてベジタリアンの人に出会った。 インドは、住民の約40%がベジタリアンで、ヒンドゥー教やジャイナ教を信仰している人たちが多い。肉や魚など生きものは食べない。卵や乳製品も食べない。でも、ベジタリアンのなかには魚は食べてもいいとか、…

vol.15 インド

インドに来た。 インドといえばカレーということで、毎日3食カレーを食べている。 しかも、食事は毎回ブッフェスタイルで、1回の食事に5種類くらいのカレーが並ばれている。興味本位というか好奇心というか食い意地というか、全て食べてしまっている。1日で15種…